中央アルプス:恵那山
●中央アルプス南端に堂々と横たわる信仰の名峰に踏破距離の短い広河原ルートで挑む ●取り付きの急登を経て雪が残る長い支尾根稜線をアイゼン装着で登ってゆく ●県境の主稜線に出て山頂の避難小屋を目指す ●頂上を過ぎ分岐まで足を伸ばす
[New] [Home] [Data] Upload 2015 Sep by Pole
恵那山▼基本データ
標高 2,171m
岐阜県立 胞山県立自然公園
累積標高差 約1000m
国土地理院地形図
西偏7度40分
恵那山▼登頂データ
登頂:2015(H27)年5月
行程:市道脇駐車帯未明出発〜日帰り
状況:晴天無風、残雪ありアイゼン装着
形態:ソロ・トレッキング
旅程:自家用車、PA車中2泊3日行程
恵那山▼アタックルート
恵那山▼アタックレポート
町道駐車枠
 ↓
林道ゲート
 ↓
広河原
登山口
林道ゲートの駐車場を目指して車を進めてゆくと土砂崩れで車両通行止めになっている 車を反転し数キロ戻って町道脇の駐車枠に停め、登山準備にかかる 夜明け前の町道を歩き、車両通行止めを越えてゆくと崩落現場 徒歩なので難なく通過 林道ゲート横の駐車場は当然からっぽ アクシデントを乗り越えて登山口を目指す
登山口
 ↓
4合目
1716ピーク
林道から一旦河原に降って丸木橋を渡る 取り付きのつづら折急登から新芽の樹林帯の支尾根に出て高度を上げてゆく 支尾根のコブあたりで小休止
ガイドタイム(G)1時間40分を55分(55%)で踏破
 ↓
8合目
主稜線
 ↓
5合目付近でアイゼンを付け、切れ落ちている左側に注意しながら雪渓を登る 一旦アイゼンを外すが7合目から上は一面残雪なので再度装着 面倒ではあるが安全確保のため厭わない
ガイドタイム(G)1時間20分を1時間(75%)で踏破
避難小屋
頂上
 ↓
避難小屋の手前に山名板が立つ広場があるが、ここは山頂ではない 立派な避難小屋の脇を抜けて頂上、更に奥の分岐点まで進む
ガイドタイム(G)1時間を1時間5分(108%)で踏破
神坂峠分岐 静かな林の中の三叉路が目的地の分岐点 とりあえず小休止
 ↓
頂上
避難小屋
Uターンして木漏れ日が差し込む広い林の中を戻る 避難小屋の前の陽だまりで軽い食事を摂り、下山に備える
ガイドタイム(G)30分を40分(133%)で踏破
 ↓
広河原
登山口
降りの雪渓で転倒したら遭難事故に直結しかねないので、アイゼンの一歩を慎重に進める せせらぎが心地よい丸太橋で休憩
ガイドタイム(G)2時間10分を1時間50分(85%)で踏破
 ↓
林道ゲート
 ↓
町道駐車枠
河原から林道登山口に駆け上がりゲートを経て崩落現場に進む 落石に注意し車両通行止めを越すと河原の公園一面に花桃が満開 町道街路樹の花桃の下を車まで戻る>
ガイドタイム(G)1時間25分を1時間10分(82%)で踏破
恵那山▼往路・復路マップ
恵那山▼登山口アクセス(往路)
移動概要:高速道ドライブ〜町道駐車枠
往路時刻:5:50 高知IC発 → 3:05 園原IC着
所要時間:7時間20分、休憩11時間40分
高速料金:10,860円
経路メモ:新名神〜伊勢湾岸道利用で渋滞回避
05:50 通過 高知IC 高知道 1時間
50分
高速道路が混む前に出発
高知道40分 徳島道1時間10分
06:35 通過 川之江JCT 徳島道
07:50 到着 上板SA 20分 相互通行の徳島道も混んでない
トイレ休憩。軽く体操して出発
08:05 出発
08:40 通過 鳴門JCT 明石大橋 3時間
20分
本州に入り通行量が増してくる
西宮名塩付近はいつも渋滞気味
徳島道30分 明石大橋1時間5分
山陽道10分 中国道25分
名神高速40分 新名神20分
09:50 通過 三木JCT 山陽道
10:00 通過 神戸JCT 中国道
11:25 通過 吹田JCT 名神高速
11:05 通過 草津JCT 新名神
11:25 到着 甲賀土山SA 2時間
45分
昼食休憩のためSAに立ち寄る
食後に眠くなったので少し仮眠
14:10 出発
14:20 通過 亀山JCT 東名阪道 2時間 南廻りのルートは渋滞していない
新名神10分 東名阪道20分
伊勢湾岸道40分
東海環状道30分 中央道20分
14:40 通過 四日市JCT 伊勢湾岸道
15:20 通過 豊田JCT 東海環状道
15:50 通過 土岐JCT 中央道
16:10 到着 恵那峡SA 20分 24時間コンビニで買い出し
混雑して落ち着かないので出る
16:30 出発
16:40 到着 神坂PA 8時間
15分
静かなPAで十分な睡眠を取る
車内で朝食を摂り登山口を目指す
02:55 出発
03:05 通過 園原IC 30分 町道の奥が崩落、駐車枠まで戻る
中央道10分 一般道20分
03:30 到着 町道駐車枠 一般道
恵那山▼アタックデータ(登り行程)
ポイント メ モ
町道駐車枠 45分 3:35 45分 70分

82%
町道
林道
1:10
82%
工事中で通行止めのため、麓の集落まで引き返して町道枠に駐車
林道ゲートの駐車場を目指して歩く。
林道ゲート
(駐車場)
4:20
40分 4:20 25分
広川原
登山口
4:45
100分 4:50 15分 55分

55%
登り
行程

2:25
69%
林道脇の登山口で靴紐を締め直す
一旦河原に降りて丸太橋を渡り、登りの登山道に取り付く
ほぼ15分ごとに合目表示が設けられておりピッチ確認に役立つ
ガイドタイム(G)のほぼ半分のピッチで無雪斜面を進む>
1合目 5:05
5:05 15分
2合目 5:20
5:25 15分
3合目 5:40
5:40 10分
4合目 5:50
80分 6:00 10分 60分

75%
5合目 6:10
6:10 25分 登山道が雪渓に覆われているため、アイゼンを装着して雪渓を登る
6合目 6:35
6:40 10分 無雪登山道が現れたのでアイゼンを一旦外し登山道を登る
7合目 6:50
7:00 15分 ここから先の登山道は残雪に覆われている
再びアイゼンを装着し頂上を目指す
8合目 7:15
30分 7:20 10分 30分

100%
9合目 7:30
7:35 20分
避難小屋 7:55
30分 8:05 5分 35分

117%
稜線
行程

0:35
117%
頂上からさらに稜線を進み林の中の神坂峠分岐点に至る
恵那山
頂上
8:10
8:10 30分
神坂峠分岐 8:40
恵那山▼アタックデータ(降り行程)
ポイント メ モ
神坂峠分岐 30分 8:55 30分 40分

133%
稜線
行程

0:40
133%
登山計画で終点とした神坂峠への分岐点まで足を伸ばして小休止
残雪が広がるの稜線の林を避難小屋まで引き返す
軽い食事を摂り下山に備える
恵那山
頂上
9:25
9:40 10分
避難小屋 9:50
20分 10:00 10分 20分

100%
降り
行程

1:50
85%
アイゼンを着けたまま残雪の登山道を降ってゆく
ストックでバランスを取りながら、転倒に注意して進む
9合目 10:10
10:10 10分
8合目 10:20
50分 10:20 10分 55分

110%
7合目 10:30
10:30 15分
6合目 10:45
10:45 15分 雪渓を通過したので、アイゼンを外して無雪の登山道を降ってゆく
5合目 11:00
11:10 15分 5合目で小休止
樹林帯の下山路では特に危険箇所はなく、順調に高度を下げてゆく
降りきった所で河原に出て休憩をとる
丸木橋を渡り林道に駆け上がって広河原登山口に戻る
4合目 11:25
60分 11:25 10分 55分

92%
3合目 11:35
11:35 15分
2合目 11:50
11:50 15分
1合目 12:05
12:05 15分
広川原
登山口
12:20
40分 12:30 25分 25分
63%
林道
町道
1:10
82%
未舗装の林道を進みゲートを越える
落石に注意し、斜面が崩壊した町道の復旧現場を通り抜ける
数百本の花桃が舞い散る公園沿いの町道を進み車に戻る
林道ゲート
(駐車場)
12:55
45分 12:55 45分 45分
100%
町道駐車枠 13:40
[New] [Home] [Data] Upload 2015 Sep by Pole