天城山 [日本百名山 No.35]登頂記録
●川端康成「伊豆の踊子」や井上靖「しろばんば」などの舞台となった伊豆半島 ●天城山と呼ぶ峰はなく、伊豆半島中央部を東西に走る山塊の総称であり、伊豆東部火山群に属する ●万三郎岳に一等三角点があるが「点の記」では万城岳と標されている ●山群の核心部である万二郎岳から主峰万三郎岳を巡る周回コースに挑む
[New] [Home] [Data] Upload Sep 2015 by Pole 2
天城山▼基本データ
標高 1,406m
富士箱根国立公園
累積標高差 約500m
国土地理院地形図
西偏7度40分
天城山▼登頂データ
登頂:2014(H26)年12月
行程:登山口出発〜2峰周回〜日帰り
状況:晴天無雪、正午気温3度、風速5m
形態:ソロ・トレッキング
旅程:夜行バス往復、車中2泊3日行程
天城山▼アタックルート
天城山▼標高差
天城山▼アタックデータ
ポイント メ モ
登山口バス停 20分 15分 11:10 11:05 15分 登り
75%
登山口はバス停の前。標高は1,050mほとんど傾斜のない山道を進んでゆく
万二郎岳分岐 11:25 11:20
60分 45分 11:25 11:20 50分 登り
83%
12月下旬の空気は冷たいけれど全く雪が積もっていない 少し傾斜が増したと思ったら万二郎岳に到着
万二郎岳 12:10 12:10
80分 60分 12:15 12:15 60分 登り
75%
少し降って鞍部を通過しなだらかな馬の背稜線を進む 樹影が濃いため展望がきかない 少し登って最高点
万三郎岳 13:15 13:15
45分 35分 13:20 13:25 30分 降り
67%
行動食による短い休憩を終えて北側に回り込む 樹林の間から真北に雄大な富士を望む 一気に降って涸沢分岐
涸沢分岐 13:55 13:55
60分 45分 14:00 14:00 50分 降り
83%
陽が射さず冷たい北風に晒されながらトラバース 傾斜がきつくないので良好なピッチで分岐に向かう
万二郎岳分岐 14:45 14:50
20分 15分 14:55 14:50 15分 降り
75%
1本早いバスに乗れそうなので先を急ぐ これなら下山後の温泉入浴などにゆとりが持てる
登山口バス停 15:10 15:05
(G)ガイドはヤマレコ山行記録サンプル平均値
(R)レシオは晴天・ソロなので75%に設定
登りは(G)2時間40分を2時間05分(78%)で踏破
降りは(G)2時間05分を1時間35分(76%)で踏破
天城山▼往路・復路
高知駅 22:00 高速バス(夜行便)
ドラゴンライナー
8,400円
往復割引
登山口バス停 15:15 シャトルバス 1,000円
名古屋駅 06:30 伊東駅 16:10
06:46 新幹線
こだま630号
8,090円 入浴・食事
車内で朝食 18:44 JR伊東線
各駅停車
4,750円
熱海駅 08:37 熱海駅 19:08
09:08 JR伊東線
各駅停車
--- 19:15 新幹線
ひかり529号
3,340円
伊東駅 09:30 名古屋駅 21:15
10:10 シャトルバス 1,000円 22:30 高速バス(夜行便)
ドラゴンライナー
8,400円
往復割引
登山口バス停 11:05 はりまや橋 06:45
移動経費は往復合計 34,980 円
[New] [Home] [Data] Upload Sep 2015 by Pole 2